ヒマジン ノ ウタ

アメリカでの日常生活を公開。バンド活動も。
<< 移転、そしてカラオケ鬱 | TOP | マイギター&ミー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
語りましょうか(ぁ
こんにちは、ゆーひです。

外でテニスしてきました。風邪引きそうです。

ゼミ逝ってきました。授業中に腹の具合が…www

ってことで、今日はおれの好きな漫画「GANTZ」についてお送りしましょう。

えー、このGANTZというのは「変」で一躍有名となった漫画家

奥浩哉先生によって描かれた

少し奇妙なアクション漫画ですね。

主人公がその昔の親友と出会って、駅で線路上で人助けをしたときに

電車にひかれて二人は死んでしまったわけですよ。

そこで二人はとある部屋に転送されてしまったんですね。

その部屋からは東京タワーが見える。ようするにそこは東京だったわけです。

んで、部屋の中には全員見知らぬ人たちばかり

部屋の壁やドアの取ってには触れない。部屋から出れない。

そして部屋の中央に置いてある謎の大きい黒い球。

中には眠っているかのような人。

いきなり奇妙でしたね。

んで、いきなり「ラジオ体操の歌」が流れ始めて

黒い球に謎の文章が浮かびあがるんですね。

「てめぇ達の命は無くなりました。新しい命をどう使おうと私の勝手です。
という理屈なわけだす。」

「てめぇ達は今からこの方をヤッつけてくだちい」

と文章が浮かび上がった後、奇妙な星人の顔写真と紹介文が浮かび上がります。

初ミッションの標的は「ねぎ星人」という成人でした。

そして黒い球の側面が開き、中からは銃器らしき物体とアタッシュケース。

アタッシュケースの中にはコスプレのような謎の黒いスーツ。

主人公・玄野はカンでそのスーツが重要だと気づき、着ました。

んで、ミッションスタートとともに外へ送られていく人たち。

そっからがおもしろかったww

途中、エロイシーンも多いが無視。

いろいろな名シーンの中で一番好きな場面がこれです。

西くん焦り場面

これはミッション経験者の西くんが星人にスーツを壊されたときの場面。

このスーツはですね、いくら攻撃を受けても微塵も傷ひとつつかない優れもので

攻撃力、機動力もあがる最高のスーツなのですが

耐久力はあるらしく、ある程度のダメージを蓄積すると

首もとのポイント部分からゲル状の液体を垂れ流し

その機能を失ってしまうのですね。

んで、無事に星人を倒してミッションをクリアすると

生存者は、また部屋に転送されてガンツ(黒球)からの採点が始まります。

点数は、倒した星人の数で決まります。

100点をとると、特典メニューからひとつ何かを選ぶことができます。

1「ガンツでの記憶を消されて解放される」

2「より強力な武器を与えられる」

3「MEMORYの中から人間を一人再生できる」

の3つです。んで、玄野がどんどん星人と戦っていく、という物語。

最終的に、玄野は解放されて元の生活に戻ったが

ガンツチームと敵対する「吸血鬼」グループに襲撃を受ける。

が、そのときに玄野がガンツチームにいたときの記憶を思い出し、

果敢に生身で吸血鬼グループと戦っていきます。

が、その吸血鬼グループのトップクラスの強さに値する氷川に

刀で斬られ、殺されてしまいました。

おれが読んだのはここまで。コミックス早くでないかな。

ちなみに本誌(ヤングジャンプ)ではセカンドフェイズという

玄野(元主人公)が死んだ後、ガンツミッションに残った人間は

どのような行動をとるのか・・・!という内容だそうです。


ふぅ、疲れた。ちなみに劇中では人間がミッション中に

容赦なく死んでいきます(泣

では、ここまでです。長話に付き合ってもらってご苦労です。

では、おやすみなさいノシシ


日記 | 16:02 | author ゆーひ | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 16:02 | author スポンサードリンク | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://poemofhimajin.jugem.jp/trackback/2
トラックバック